歯科健診でかかる全面費用

歯科検診にかかる費用

歯科で受ける検診の項目とは

虫歯や歯周病にならないようにするためには、日ごろのケアだけでなく、定期的に歯科で検診を受けることが欠かせません。日々のブラッシングだけでは歯垢は取り切れないことがあるためです。歯科検診では、口内の状態を確認し、虫歯や歯周病になっていないかや、歯垢は溜まっていないかなどを調べます。目視だけではわからない歯の中や骨の状態を確認するときは、レントゲン検査を行うこともあります。歯のクリーニングを行い、ブラッシング方法の指導も行います。また、状態によっては、PMTCと呼ばれる専門の機械を使ったクリーニングや虫歯予防に効果があるフッ素の塗布などを施す場合もあります。歯科検診は、口の状態によって変わってきますが、3~6か月ごとに受けるといいとされています。費用は歯科医院によって違いますが、一般的に3000円~4000円ほどになります。レントゲン検査をしない場合はもっと安くなります。費用がかかるため検診を受けないという人もいるかもしれません。しかし、虫歯が進行してから治療にかかることを考えると、定期的に受けて健康な歯の状態を保つ方が、ずっと費用はかからずに済むと言えます。1歳6か月や3歳の子どもは、乳幼児健診の際に歯科検診も無料で受けることが可能です。自治体によっては、妊婦や、一定年齢に達した成人も無料や格安で受診できる場合があります。自治体のサイトなどで確認して、うまく制度を活用するといいでしょう。

↑PAGE TOP

Menu