• トップ /
  • 歯科検診を受ける必要性

歯科の定期検診は重要

歯科検診を受ける必要性

歯科での定期的な検診

歯科検診を定期的に受けることで、虫歯の状態の悪化により歯を削ることがなくなります。特に重要なのには、一生涯にわたり健康な歯での食事を楽しむことができることです。口内が荒れやすい妊娠中の人や虫歯になりやすい子供は歯科での定期検診に通ったほうが安心です。検診内容としては、歯周病や虫歯のチェック、歯石の除去などがあり、基本的な診断項目であれば、保険適用の範囲内で受けることができるため、平均で3000円から4000円程度とされています。子供の場合は、1歳6か月児と3歳児に対する乳幼児健康診査の一つとして、歯科検診を無料で受けることができ、自治体によっては、この年齢以外でも実施していることがあります。妊娠中の人も母子手帳に無料チケットがついていることがあります。自治体ごとに違うため、ホームページなどで確認してみることです。歯科へと定期検診に通う頻度としては、3ヵ月から半年に1度程度が目安とされています。歯垢が歯石にかわるには、2日から2週間程度必要となり、歯石がつくのは、3ヵ月くらいです。そのため、前回の定期検診から日をあけすぎてしまうと歯石の除去に時間がかかったりと除去が大変になる場合があります。

↑PAGE TOP

Menu